Surface Bio

Carol A. Surface

Senior Vice President and Chief Human Resources Officer

キャロル サーフェスは2013年9月にSenior Vice President and Chief Human Resources Officerとしてメドトロニックに入社しました。現職においてキャロルは全世界85,000名の社員の人材戦略をリードしています。さらにGlobal Communications, Philanthropy and Community Affairs, Global Health Initiativesも管掌しています。タレントマネジメント、後継者育成計画、リーダーシップ開発、ダイバーシティ&インクルージョン、役員報酬、社内外のステークホルダー・マネジメント、レピュテーションマネジメント、地域社会と健康関連のイニシアチブなどがキャロルの注力分野です。

メドトロニック入社前は、電化製品や関連するサービス・ソリューションの大手プロバイダーのベスト・バイでExecutive Vice President and Chief Human Resources Officerを務めていました。ペプシコではChief Personnel Officerとしてペプシコインターナショナルを含めた人事領域のリーダー職を複数歴任しました。米国勤務に加え、アジアと中近東での駐在経験があります。その他にもキャロルはKマートとダウ・ケミカルを含む他業界、ビジネスでの経験が豊富です。Kマートとダウ・ケミカルでは博士号取得候補者としてインターンシップを修了しました。

キャロルは、セントラルミシガン大学にて産業・組織心理学の博士号を取得しました。ミネアポリスのWalker Art Centerの評議会メンバー、Greater MSP理事会メンバーを務めています。またHuman Resources Policy Associationの理事会メンバー、産業・組織心理学会とThe Conference Board Human Resources Councilの会員です。心理学的評価や人材育成の進歩について専門誌・学術誌に発表しています。