Ploof Bio

Mark Ploof

Senior Vice President, Global Operations and Business Services

マーク プルーフはGlobal Operations and Business Services のSenior Vice Presidentであり、Medtronic Executive Committeeの一員でもあります。また、現在も続いているコヴィディエンとの統合業務にも従事しながら、グローバルオペレーション、IT(情報技術)、ファシリティ・不動産管理、そしてメドトロニックビジネスサービス部門を管掌しています。 マークは2016年10月にメドトロニックに入社しました。

マークは、サーベラス・キャピタル・マネジメントで勤務していた頃、投資先企業と協力して、様々な事業、業界および役割における利益拡大、効率化、バリュークリエーション(価値創造)活動を推進しました。彼は、価値を得られる機会の評価、診断、改善を行い、新しくオペレーションおよびサービス提供モデルを導入し、効率的に運用しました。 ゼネラル・エレクトリックやサーベラスといった企業で事業開発を担当した経歴には、ファシリティおよびサプライチェーンの統合、シェアードサービスやセンターオブエクセレンスの創造、組織開発と連携の取り組みなど、企業統合計画とプログラムの企画立案・実行が含まれます。

マークは、メドトロニック入社前はYP, LLCでChief Customer Experience Officerとして任務に従事していました。YPのオペレーション・リーダーシップ・チームの一員として、プルーフは、集中管理されたフィールドサービスのマネジメント、品質と運用の可能性、ビジネスインテリジェンスを監督しました。彼はまた、同社のChief Restructuring Officer として、YPのAT&Tからのスピンオフに従事しました。彼のリーダーシップの下で、YPは著しい株主還元を確立・推進し、顧客エンゲージメントと満足度スコアを大幅に向上させました。

マークは、サーベラスの投資先企業で財務、サプライチェーン、事業開発、ソーシング分野でシニアリーダーシップを務め、ゼネラル・エレクトリックでは意義のある効率化とバリュークリエーション(価値創造)を行い、大規模な営業モデルの確立をしました。マークはペース大学経営学の経営学士号を取得しています。