Ishrak Bio

Omar Ishrak

Chairman and Chief Executive Officer

オマー イシュラックは2011年6月よりMedtronic plcのChairman and Cheif Executive Officerを務めています。医療機器分野における世界的なリーディングカンパニーであるメドトロニックは、年間290億ドル以上の売上を誇り、世界約160か国以上で事業を展開しています。メドトロニックが提供するテクノロジーおよび治療法は、心臓や血管の疾患、呼吸器系疾患、神経疾患、脊椎疾患、糖尿病、など幅広い領域におよびます。世界中で「人々の痛みをやわらげ、健康を回復し、生命を延ばす」。それが、メドトロニックのミッションです。

オマーは3つの戦略1)革新的な治療法の提供(Therapy Innovation) 2)医療経済上の価値(バリュー)の立証、3)グローバル化(Global Access)を推進してきました。この戦略は多くの患者さんの治療結果の改善、医療へのアクセス拡大と医療コストの効率化を世界的規模で目指すものです。2014年には年間売上100億ドルの医療機器メーカーであるコヴィディエン社を買収しました。この買収は医療機器業界において最大規模です。

メドトロニック入社以前は、GE(ゼネラル・エレクトリック)に16年間勤務していました。最も直近では、GEヘルスケアの一部門として120億ドル規模のビジネスに携わり、診断、映像、モニタリング、ライフ・サポートなどの幅広い製品群を有する、GEヘルスケアシステムのPresident and CEO、そしてGEのOfficer and a Senior Vice Presidentを務めました。それより以前は、13年間にわたって技術開発やビジネスマネジメント職を歴任、Diasonics/Vingmedではマーケティング・製品開発部門のSenior Vice Presidentを務め、Philips Ultrasoundにおいては製品開発やエンジニア職に従事しました。

オマーはバングラディシュ出身で、ロンドン大学キングス・カレッジにて理学士号と電子工学博士号を取得しています。

オマーは、世界経済フォーラムの、健康とヘルスケアの未来形成に注力する世界的リーダーが集うHealth and Healthcareコミュニティーの共同委員長を務めています。このコミュニティーの注力分野は、医療の提供を促進し、治療結果を改善するための健康的なライフスタイルの啓蒙、感染症の流行や伝染病に対してのよりよい管理、医療へのアクセスを世界規模で拡大し、医療制度の価値を高めることです。

またオマーは、年間590億ドル以上の売上を誇る、世界的なテクノロジー企業のインテル社の社外取締役も務めています。アジアと米国の人々、リーダー、団体の相互理解とパートナーシップ強化の啓蒙をする教育団体Asia Societyの評議会メンバーでもあります。さらにミネソタ公共ラジオの評議会のメンバーも務めています。