Ten Hoedt Bio

Rob ten Hoedt

Executive Vice President and President, EMEA

ロブ テン-フットは、Executive Vice President and President, Europe, Middle East & Africa (EMEA地域)を務め、Medtronic Executive Committeeの一員です。

2009年以降、EMEA地域とカナダのSenior Vice President and Presidentとして、担当地域の営業とメドトロニック製品・セラピーの物流を管掌しています。それ以前は、カーディオバスキュラー事業におけるヨーロッパと中央アジアのVice Presidentを務めていました。

ロブは1991年にベルギー・ブリュッセルに拠点にあった西ヨーロッパのニューロロジカル事業のマーケティングマネジャーとしてメドトロニックに入社、1994年には消化器・泌尿器事業のグローバルの責任者を担い、ヨーロッパでの事業立ち上げをリードしました。

1999年にはメドトロニックの完全子会社でオランダに拠点のあるビタトロン(Vitatron)のVice President & General Managerに就任しました。このポジションでは、心臓ペーシング機器の開発とマーケティングの統括をし、ロブのリーダーシップの下、ビタトロン(Vitatron)は医療機器業界で確固たるイメージを醸成、マーケットポジションを確立しました。

2006年、ロブはメドトロニックのEMEA本部のあるスイス・トロシュナに異動、西ヨーロッパ地域におけるカーディオバスキュラー事業をリードしました。

医療機器業界での経験を25年以上もつロブは、営業、セールスマネジメント、マーケティング、経営での豊富な経験があります。1991年のメドトロニック入社前は、Arjo Hospital EquipmentやPolystan Beneluxなどの医療技術分野の企業に勤務していました。また数年にわたり自身の代理店ビジネスに携わっていた時期もあります。

ロブはH.E.A.O.にてコマーシャルエコノミーの学位、オランダのNIMAビジネススクールにてマーケティングの修士号を取得しています。