About Sinus Surgery

副鼻腔炎

手術

副鼻腔手術について

薬物治療が効果を示さない場合、手術によって鼻と副鼻腔の正常な機能を回復させることが可能です。近年の手術機器や手技の発達により、多くの慢性副鼻腔炎の患者さんたちが、低侵襲の処置で症状が緩和されています。

通常、慢性副鼻腔炎に対する内科的治療が効果がなかった際に、副鼻腔手術が行なわれます。副鼻腔手術の目的は、炎症で障害された鼻と副鼻腔の機能を回復させることです。具体的には、正常組織をできるだけ温存しながら、病変部分を取り除き、ふさがれた副鼻腔の排泄路を開放します。

副鼻腔手術とは

今日では、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)が、慢性副鼻腔炎を治療するための最も一般的な手術法です。この手術は鼻の穴から内視鏡と手術器具を挿入して、テレビモニターを見ながら行ないます。FESSは、顔や口の中を切開する従来の手術方法に比べ、体への負担や合併症が少なく、回復も早くなります。

通常、慢性副鼻腔炎の外科的治療では、次に挙げる3つの一般的なFESSのうちの1つが行なわれます:篩骨洞開放術、上顎洞開放術、鼻甲介形成術あるいは鼻中隔矯正術です。その他にも多くの種類の副鼻腔手術が行なわれています。耳鼻咽喉科の医師は、患者さんに最も適した副鼻腔手術を勧めてくれます。

 

効果とリスク

 一般に、FESSは慢性副鼻腔炎を緩和することができる比較的安全な処置ですが、あらゆる手術と同じようにある程度のリスクが伴います。

すべてを展開

篩骨洞開放術

篩骨洞開放術とは

4種の副鼻腔のうち篩骨洞は、目と鼻筋の間に位置しています。その他の副鼻腔はどれも篩骨洞を通じて排液を行なうか、篩骨洞と隣接しているため、ほとんどの副鼻腔炎治療において篩骨洞が鍵となります。そのため、篩骨洞がふさがっていると、感染がその他の副鼻腔に広がってしまう可能性があります。

The ethmoid sinuses are key to treating most sinus infections as all other sinuses drain through or next to them.

篩骨洞開放術では、自然な排液を妨げる、篩骨洞内の感染した組織や骨を除去します。

病変部の切除にはマイクロデブリッダーという特別な機器を使用します。マイクロデブリッダーとは鼻内組織の切除と吸引を同時に行う手術機器です。

マイクロデブリッダーと内視鏡を使用することにより、正常な組織を傷つけることなく病変部のみを高精度に除去することができます。


篩骨洞開放術の効果とリスク

この手術の効果とリスクについて、必ず主治医に詳細な説明を求めるようにしてください。

効果

篩骨洞開放術を受けた後は、副鼻腔炎とその症状である頭痛、顔面の圧迫感と痛み、鼻づまり、鼻汁などの改善が期待できます。

篩骨洞開放術はその他のFESSと同じように侵襲の少ない手術です。一般的に、従来の副鼻腔手術に比べFESSに関連する感染リスクは低く、回復も早くなります。

リスク

あらゆる手術には、麻酔と感染症によるリスクが伴ないます。篩骨洞開放術の場合、術後に出血が起こることがあります。また、脳脊髄液の漏出や頭蓋内損傷等の合併症リスクがあります。

篩骨洞は目にとても近いため、眼球の動きを制御する筋肉や視神経自体が傷つくリスクもあり、視力に影響が出る可能性があります。

非常にまれなケースですが、患者さんの嗅覚に影響をおよぼす場合があります。病気の重さによってリスクは変わってきます。また、副鼻腔炎以外にも健康に問題がある場合は、その他にもリスクを伴うことがあります。手術によって生じる可能性がある合併症について、必ず主治医に尋ねるようにしてください。

上顎洞開放術

鼻甲介形成術および鼻中隔矯正術

Q&A―副鼻腔手術


本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。