Further、Together - 医療における課題を解決する | メドトロニック

医療は変革の途上にあります -
そして私たちも

進化するメドトロニック

Further, Together

世界中の医療システムが、臨床的および経済的に困難な課題に直面しています。これを正さなければ、これらの問題は世界の成長と発展を阻害し、最も治療の簡単な疾病でさえ、世界中の何百万人もの人々に治療が施されないままになる恐れがあります。現在の医療の状況は人類の進歩を促進するものではないと私たちは考えます。

より良い医療の追求は、医療システムの基本的ニーズ、または万国共通の医療ニーズから生じるものです。臨床結果を改善し、医療機関へのアクセスを拡大し、コストと効率を最適化するという目標は、世界中のあらゆる医療システムにおいて必須です。

重要な使命、広がる価値

60年間に及ぶ歴史において、メドトロニックの使命は変わっていません。世界中の人々の痛みを和らげ、健康を回復し、生命を延ばすことです。医療機器イノベーションの最前線に立つべく懸命に努力し、人々の生活に良い影響を及ぼす高品質な治療の開発に取り組んできました。私たちは多くのことを成し遂げてきました。現在、毎年6,200万人以上の人々がメドトロニックの技術の恩恵を受けています。これは時間に換算すると1秒に2人の割合になります。しかし、現在の医療の問題に対しては、新しいアプローチが求められています。政府、保険会社、病院、患者さん、そしてその他の医療システムの参加者が、より良い価値を求めているのです。

技術、データ、洞察、専門知識が、病院、保険会社、政府とのパートナーシップにより一体となり、コストを増加させず、または削減しながら、患者さんにより良い治療結果をもたらすことのできる、協調された、価値に基づく医療モデルの創造に寄与できることを、メドトロニックは確信しています。

数年前より、メドトロニックはより高い価値を求めるトレンドを認識し、製品とサービスにより多くの価値を付加していると私たち自身が確信できるよう、新しい方法の創出のために知識と労力を注いできました。「経済的価値」と呼ばれるコンセプトを導入することで進化を始め、これを2012年の事業戦略の柱の1つとして組み込みました。つまり、顧客が私たちに期待することに変化があったことを理解したのです。顧客は治療イノベーションによる臨床的価値のみならず、経済的価値も期待していたのです。製品またはサービスは、治療をより効率的に行い、システムの無駄を最小限に抑え、患者さんの治療へのアクセスを拡大する等の経済的利点を提供する必要がありました。

技術、データ、洞察、専門知識が、病院、保険会社、政府とのパートナーシップにより一体となり、コストを増加させず、または削減しながら、患者さんにより良い治療結果をもたらすことのできる、協調された、価値に基づく医療モデルの創造に寄与できることを、メドトロニックは確信しています。


機器だけでなく、臨床専門知識や医療システムに関する知識を活用して価値を高める機会を私たちが見出した2013年に、この戦略は拡大しました。

FURTHER、TOGETHER

私たちはこの新しいアプローチを、「Further、Together」と呼んでいます。「Further」とは、今後もイノベーションの進歩を促すと共に、製品とサービス、価値提案の基礎として、証明された臨床的、経済的価値のある強力なソリューションの開発を続けていくことを意味しています。「Together」とは、継続的な医療全域において、よりシームレスで統合されたケアを提供するという目標を顧客が達成できるよう支援する、新たな、これまでと異なる強力なパートナーシップを築いていくことを意味しています。

「Further、Together」の精神とは、治療、手順、システムのレベルで意義あるイノベーションの開発に注力することです。私たちの能力と専門知識を活用して、医療システムの様々な関係者間で価値を一致させること。世界規模で医療へのアクセスを拡大すること。そしてこれら全てを医療改革に取り組む関係者との新たなパートナーシップを築きながら行うことです。

意義あるイノベーションの創造

今年だけで、意義あるイノベーションを実現するため、メドトロニックは研究開発に15億円を投じてきました。適切なコストで患者さんにより良い治療結果をもたらし、生活の質(QOL)を高めるイノベーションです。そしてこれらイノベーションは、治療、手順、およびシステムから市場レベルまで、臨床的および経済的なエビデンスにより検証することができます。

メドトロニックの画期的イノベーションとして、世界最小のペースメーカ、血栓により引き起こされる脳卒中の治療方法を大きく変える製品、また、世界初の人工すい臓の開発もその1つです。これらすべてのイノベーションが、ケアの標準を再定義するものであることを願っています。

関係者と価値を共有

メドトロニックはグローバルな医療コミュニティと協力しながら、自社の技術、サービスそして見識から、医療システム内の業務の効率化や、より良い患者さんのケアマネジメントを通じたケアの提供の強化を促進するソリューションを生み出しています。

これこそ、システムレベルのサービスやソリューションに集中的に取り組むために、デバイスを超えて機能するメドトロニックIntegrated Health Solutions(IHS:メドトロニック統合健康ソリューション)ビジネスを開発した理由の1つなのです。現在、この統合健康ソリューションは、より効率的で向上したケアを患者さんに提供することにより、継続的なケア全般を通じて病院や医療システムが同じ価値を共有する手助けをしています。

これを実行する方法の1つは、患者さんの再入院を防ぐことです。コロラド州のセンチュラ・ヘルスにおけるメドトロニックの遠隔医療ソリューションを用いたパイロットプログラムでは、看護師が患者さんを定期的にフォローアップするよう支援することにより、最初の入院日から数えて30日以内の心不全による再入院の件数が62%も削減されました1

世界中で医療へのアクセスを向上させる

世界中の患者さんの治療結果の向上を実現するためには、世界規模での高品質な医療へのアクセス向上は企業として重点的に取り組むべき重要な課題です。世界中の多くの地域のほぼ全ての指標で問題となるのが資本です。資本の不足により、現在、4億人以上の人々が医療にアクセスできずにいます2

先進国の市場では、メドトロニックは政府や医療機関と医療の提供や効率性について協力していますが、新興国の市場では、インフラ開発、治療法の啓蒙や教育、そしてキャパシティ管理の支援も行っています。そのため、私たちは中国衛生部と協力して糖尿病の治療法改善について研究したり、ブラジルの救急チームと協力して心臓発作の患者さんをより迅速に病院へと搬送したり、インドの市町村の職員と協力して治療の容易な感染から発症する聴力障害を予防しています。

治療結果を向上するために必須の、地理的に全ての地域を網羅したメドトロニックのサービスとして、医師の教育が挙げられます。これまでの5年間だけで、世界中で何千人もの医師を教育してきました。

世界中の多くの地域のほぼ全ての指標で問題となるのが資本です。資本の不足により、現在、4億人以上の人々が医療にアクセスできずにいます。2


進歩に向けた最初の一歩

私たちは、メドトロニックが共通の価値に基づく医療のトレンドにおいて独自の役割を担っていると固く信じていますが、それ以上のことができることも知っています。コストを削減しながら患者さんのより良い治療結果を達成するための優れた技術とサービスを新たに生みだす能力を私たちは備えています。また同時に、世界の医療の課題を単独で解決できる組織はないことも認識しています。コラボレーションとパートナーシップを通じてのみ、価値に基づく医療の利点を実現することができます。

共に、医療をさらに上のレベルへ向上させましょう。

詳細はこちら

 

参考文献

  1. Leading Age。Telehealth and Remote Patient Monitoring(RPM): 医療機関ケーススタディ2013。2015年8月31日にアクセス。
  2. 世界保健機関。 Tracking Universal Health Coverage(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの追跡)。http://apps.who.int/iris/ bitstream/10665/174536/1/9789241564977_eng.pdf. 2015年8月31日にアクセス。

 

 
X