グローバル・ヒーロー - メドトロニック・ツインシティ・マラソン | メドトロニック

メドトロニック・グローバル・ヒーロー

10年間の力強い軌跡

2006年から毎年、メドトロニックは医療機器で治療されている長距離ランナーの方々をグローバル・ヒーロー・チームと呼び、そのメンバーを世界中から募っています。

こうした「走るアンバサダー」は、米国ミネソタ州で毎年10月に開催されるメドトロニック・ツインシティマラソン、またメドトロニック・TC10マイルレースにて、各国からさまざまな疾患を抱える患者さんたちを代表し、レースに参加します。

この長距離ランナーたちには、心臓病、糖尿病、慢性的な痛み、脊髄障害、神経障害、消化器障害、泌尿器系障害といった疾患や症状があります。それぞれのランナーの背景、走力、言語は異なるかもしれませんが、彼らの誰もがそれぞれの強い想いを持ってスタートラインに立ちます。そして、世界中の何百万人もの人々と自らの「充実した人生」のストーリーを分かちあい、そしてたたえあうことによって、他の人々にも勇気をもたらします。

過去9年間で209人のランナーが、ミネアポリスとセントポールにある湖やその近郊の美しいコースを走りました。28カ国から集まったランナーたちは、様々な健康状態にあり、多様な機器を使用しています(メドトロニック製品の使用や治療法を受けている事が参加の条件ではありません)。

2016年の応募受付は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

 


2015年グローバル・ヒーローに参加して 神内謙至さん

 

神内謙至さんは、ご自身が1型糖尿病患者さんであり、そして糖尿病内科医としてご活躍されています。2015年に世界各国の患者さんの中から選抜メンバー25名に選ばれ、2015年10月に米国ミネソタ州で開催されたメドトロニック・ツインシティマラソンに参加されました。その勇姿に、多くの方々が勇気づけられました。

「世界中からグローバル・ヒーローのチームメイトが集まり、全米一美しいコースと言われるマラソンを走ることができました。また、このツアーではマラソンだけでなく、数々のレセプションにも参加します。その中でチームメイトとともに一生忘れることのできない貴重なひと時を過ごすことができました。2016年も日本から皆さんがこのグローバル・ヒーローに参加し、素晴らしい体験ができることを望んでいます。」

 

 
X