ONE PATHOS Interview Vol.2

北近畿唯一の救命救急センターと脳血管内治療医の連携

公立豊岡病院 但馬救命救急センター センター長 小林 誠人 先生
脳神経外科 医長
(30年4月以降 神戸大学医学部付属病院 脳神経外科 助教)
今堀 太一郎 先生

記事詳細

kobayashi-imahori

Ⅰ.公立豊岡病院における救急医療体制と血管内治療

1.ドクターヘリによる救急搬送と急性期脳梗塞治療

公立豊岡病院は、兵庫県北部(但馬地域)に位置する豊岡市に設立されている500床を超える病床数を有する総合病院です。但馬救命救急センターは、2010年4月に開設され、緊急手術対応、重症患者対応、集中治療対応などを一貫して行っています。


dr.heri

Ⅱ.公立豊岡病院における急性期脳梗塞診療システム

1.急性期脳梗塞に対する初療体制の確立

当院では、脳梗塞が疑われる患者さんが搬送された際の初療プロトコールが確立されています。まず、発症から4.5時間以内がt-PA静注療法および血管内治療、8時間以内であれば血管内治療の適応となります。


dr.heri

Ⅲ.急性期脳梗塞治療における
時間短縮への取り組み

1.ドクターヘリによる発症から治療までの時間短縮

 ドクターヘリの出動要請は、一般市民の方々が直接行うことはできず、119番通報を受けた消防署がドクターヘリに対して出動を要請します。このため、脳梗塞発症時の初期対応としては、119番通報の内容が大変重要となります。そして、脳梗塞の患者さんを取りこぼさないように、当センターのドクターヘリの出動要請は、「キーワード方式(同時要請方式)」が採用されています。


dr.heri

Ⅳ.急性期脳梗塞治療のための地域連携

1.地域連携による効果的な急性期脳梗塞治療システム

 院内では急性期脳梗塞診療システムが構築され、かなりの症例数に対して血管内治療を行っていますが、地域を見渡すと地域間格差があることに気が付きます。つまり、血管内治療の適応となる患者さんがスムーズに当センターに搬送されてくる地域とそうでない地域があるということです。


team2

Ⅴ.血管内治療普及のための課題

1.地域における啓発活動と血管内治療の普及

 急性期脳梗塞の治療は時間との勝負であり、発症から一刻も早く病院に搬入し再開通療法を実施する必要があります。このためには、まずは発症した患者さんや家族、周りの人たちが脳梗塞を疑うことが大切です。しかし、このためには脳梗塞についてのある程度の周辺知識が必要であることから、地域の一般住民への啓発活動も重要だと考えています。