Integrity™ Bare-Metal Coronary Stent

Coronary Stent System

■SUMMARY

Integrity™ BMS(ベアメタルステント)は、メドトロニック独自のステント性能技術Continuous Sinusoid Technology(CST:連続正弦波形状技術)により、良好な血管追従性、ラジアル強度、スキャフォールディング性能をあわせもったステントです。

■PRODUCTS DETAILS

Continuous Sinusoid Technology(CST:連続正弦波形状技術)

Continuous Sinusoid Technology(CST)は 正弦波形状に成型されたコバルト合金製のワイヤーをらせん状に巻き付け、レーザー溶着する技術です。この技術により、ステントは広い可動域と滑らかな湾曲面を有し、連続的な柔軟性や良好な血管追従性を特徴としています。

Modular vs. slotted tube design comparison image

MicroTrac Delivery System

一体化したチップデザイン、柔軟なバルーン材質、埋め込み加工のゴールドマーカーを採用しています。

■Enhanced Procedural Confidence

良好なConformability

-Integrity™はステントストラットの良好な圧着が期待できます*

コンピューターシュミレーターによるスキャフォールディング、ラジアル強度、ストラット圧着、血管壁に与える ストレスなどの特性の有限要素解析(Finite Element Analysis; FEA)*に基づいています。

* Dr. Peter Mortier, FEops / Ghent University, Belgium EuroIntervention, 2011 Jul; 7(3): 369-76. doi: 10.4244 / EIJV7I3A62

-Integrity™の滑らかな湾曲面、連続的な柔軟性により、血管壁への良好なアポジションが期待できます

良好なScaffolding性能

-綿密に計算されたセルサイズ、径に応じたフュージョンパターンにより、良好な血管サポートが期待できます

すべてを展開

PDF Download(Compliance Data)

使用目的又は効果、警告・禁忌を含む使用上の注意等の情報につきましては製品の添付文書をご参照ください。

販売名:インテグリティコロナリーステントシステム、医療機器承認番号:22300BZX00334000