Stroke

あれこれ知りたい
脳動脈瘤のこと

監修
大石 英則先生
順天堂大学医学部附属順天堂医院
脳神経外科・脳神経血管内治療学講座 教授

脳動脈瘤とは?

AN

脳動脈瘤とは、頭のなかの動脈にできた風船のような「こぶ(瘤)」のことです。動脈の分かれ目などにできることが多く、大きさは2ミリぐらいの小さいものから25ミリを超えるような大きいものまで様々です。

脳動脈瘤が破裂すると「くも膜下出血」を起こします。主な症状は、“かみなりに打たれたような”とか“経験したことがないような”と表現される、突然現れる非常に激しい頭痛です。多くの場合は吐き気もあり、意識を失ってしまう方もいます。

どんな治療方法があるの?

Surgery

脳動脈瘤の主な手術には、頭を切り開いて行う“開頭(かいとう)術”、カテーテルと呼ばれる細長い管を使って血管の中から手術を行う“血管内(けっかんない)治療”(コイリング術、フローダイバーターを使った方法)があります。

頭を切り開いてから脳の割れ目を通じて動脈瘤を探し出し、ネックと呼ばれるこぶ(瘤)の入り口にクリップをかけます“。クリッピング術”と呼ばれます。

Coiling

足の付け根にある大腿動脈からカテーテルを挿入し、レントゲン線を利用して血管の中にカテーテルを押し進め、こぶ(瘤)の中にコイルと呼ばれるとても軟らかく細い金属の糸を埋めます“。コイリング術”と呼ばれます。

Stent

特殊な治療法として“、フローダイバーター”と呼ばれる細かい網目を持つ金属製の筒を血管の中に置くことで、半年~1年程度かけて脳動脈瘤を消失させることもできます。ただし、フローダイバーターを用いた血管内治療は限られた医療機関でしか行われておらず、治療できる脳動脈瘤にも制限があります。

実施施設一覧(2020年3月)

都道府県 施設名

北海道

岩手県

宮城県

新潟県

茨城県

埼玉県

東京都

千葉県

神奈川県

愛知県

長野県

富山県

石川県

岐阜県

三重県

和歌山県

京都府

大阪府

奈良県

兵庫県

岡山県

広島県

福岡県

香川県

大分県

鹿児島県

長崎県