会社案内_事業内容

ビジネスフィールド

私たちは慢性期および急性期における幅広い領域の疾患治療への貢献を目指し、事業を展開しています。日本国内のメドトロニックは、14の事業分野から構成されています。

CRHF

CRHF事業部(カーディアック・リズム・アンド・ハート・フェイリア)

世界初の電池式体外型ぺースメーカを1957年に開発 して 以降、メドトロニックは心臓と血管という循環器領域において 画期的な製品とともに世界をリ ードし続けています。CRHF事業部では主に不整脈や心不全などの慢性疾患を対象とした製品を 取り扱っています。

不整脈の治療に用いられる日本初の条件 付きMRI対応植込み型ペ ースメー力、心不全症状の軽減を目的とした心臓再同期療法で使用される心臓植込み型デバイスや、 遠方にいる患者さんの状態を通院せずに確認できる遠隔モニタリングシステム、失神の原因を特定するための植込み型診断機器、そして心原性脳梗塞の原因のひとつである心房細動の根治を目的とした冷凍アブレーションカテーテルの導入など、業界を牽引するメーカとして事業領域の拡大にも積極的に取り組んでいます。

Cov

コロナリーバスキュラー事業部

狭心症、心筋梗塞といった虚血性心疾患に対する治療法である経皮的冠動脈インターベンション(PCI)は、手首や脚の付け根の挿入部位からカテーテルを用いて血管の中に管を通し、内科的に血管を拡張する低浸襲の治療法です。

PCI治療は、冠動脈バイパス術等の開胸手術と比べると患者さんの身体的負担が少ないというメリットがあります。コロナリーバスキュラー事業部では、冠動脈ステントやバルーンカテーテル等のPCI治療を総合的にサポートできる幅広い製品を提供しています。

Peri

ペリフェラルバスキュラー事業部

末梢動脈疾患は 「足におきる動脈硬化」です。

足の動脈が狭くなったり詰まったりした結果、血液の流れが 悪くなった状態のことを指します。

近年、超高齢社会の影響や 透析および糖尿病患者数の増加に伴い、末梢動脈疾患の患者 さんも増えています。

血液の流れが悪くなった状態を改善させるため、メドトロニックは末梢動脈用の様々なサイズのバルーンカテーテルを提供しています。また、頭部領域においては、頚動脈狭窄治療のためのステント留置術時に使用 されるデバイスを取り扱っています。

eV

エンドヴィーナス事業部

末梢静脈領域において治療機器およびソリューションを提供するとともに、疾患啓発活動にも注力しています。

SH/ENO

ストラクチャラルハート&エンドバスキュラー事業部

ストラクチャラルハート

主に心臓弁膜症や虚血性疾患などの治療に用いられる心臓外科手術用の製品を総合的に提供しています。心臓外科手術に欠かすことのできない人工心肺関連製品、弁膜症手術に用いる第三世代生体弁や弁形成リング、そして心拍動下冠動脈バイパス手術を可能にしたビーティングハートシステム等を取り扱っています。

 

エンドバスキュラー

胸部および腹部大動脈瘤治療において、外科的に開胸や開腹せずに、金属ステントと一体化した人工血管をカテーテルを用いて血管内に留置することで、低侵襲で動脈瘤を治療できるのがステントグラフト内挿術です。

胸部および腹部ステントグラフトシステムとその周辺機器を取り扱っています。 

 

TAVR

加齢や動脈硬化に伴う大動脈弁の硬化によって大動脈弁がうまく機能せず、血液の通り道が狭くなってしまう重度の大動脈弁狭窄症に対し、外科的に開胸せずに、カテーテルを用いて金属フレームに生体組織を縫い付けた生体弁を病変部に留置する低侵襲な治療法を提供しています。

ST

サージカルテクノロジー事業部

ENT

耳鼻科領域において術中の神経麻痩リスクを軽減するモニタリングシステム、副鼻腔手術をより正確かつ低侵襲で行うことのできるマイクロデブリッター、滲出性中耳炎治療の鼓膜チューブ、鼻出血止血用スポンジなどを取り扱っています。

 

ニューテクノロジー

開頭時に頭蓋骨を削る際や、脊椎疾患の除圧等に用いるハイスピードドリル、水頭症治療用シャントシステムなどを取り扱っています。

 

ナビゲーション/イメージング

手術器具の刺入位置の確認など、CTやMRIを基にした3D画像 を使用してリアルタイムにナビゲートする手術支援システムや、3DX線画像撮影装置などを取り扱っています。

 

アドバンスド・エナジー

低温での止血を可能にする整形用止血装置、低温電気メスなどを取り扱っています。

NRO

ニューロモデュレーション事業部

 ニューロモデュレーションとは、微弱な電気や薬剤により神経の働きを調整することで、さまざまな症状を緩和する治療です。

パーキンソン病や本態性振戦、ジストニアなどの不随意運動を軽減する脳深部刺激療法(DBS) 、慢性的な痛みを緩和する脊髄刺激療法 (SCS)、脳脊値疾患に由来する重度痙縮を対象としたバクロフェン髄注療法 (ITB) の製品を扱っています。

2014年には仙骨神経刺激療法 (SNM) 製品をリリースし、便失禁症状の改善にも寄与するとことができるようになりました。

ニューロモデュレーションにより、1人でも多くの患者さんに豊かな生活を取り戻していただくことを目標としています。

NV

ニューロバスキュラー事業部

脳動脈瘤治療に不可欠な「塞栓コイル」や脳梗塞治療で用いる「血栓除去用デバイス」、それらを誘導するための「カテーテル」など、脳血管内治療に関連する幅広い製品を取り扱っています。

脳血管内治療は、足の付け根からカテーテルを挿入し血管の中から脳の病変部を治療するため、従来の開頭手術と比べ入院期間が短く患者さんの負担が少ない低浸襲治療として知られています。

製品技術の進歩にともない革新的なソリューションを提供し、脳血管内治療分野の発展に貢献することを目指しています。

Spine

スパイン事業部

超高齢化社会において増加し続ける椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症による圧迫骨折などの脊椎疾患の治療に用いる脊椎インプラント(金属製のボルトやナット)を取り扱っています。

また、椎間板ヘルニアの手術に用いる内視鏡機器や、バルーンを用いて骨折によって潰れた背骨をもとの形に近づけて、医療用セメントで固定する手術治療など、小さな傷口から手術を行うことで、術後の痛みを減らし、早期社会復帰を可能にする治療法を提供しています。

DIB

ダイアビーティス事業部

世界中で糖尿病管理のパイオニアとして活動し、インスリンを皮下に持続注入するインスリンポンプ(CSII)と血糖変動の傾向を評価するための持続グルコースモニタ(CGM)を取り扱っています。

2015年には本邦初のCGM機能搭載インスリンポンプ(SAP)を発売しました。私たちの製品は、より良い糖尿病管理のための血糖変動マネジメントを提案し、糖尿病患者さんの合併症の発症と進行の予防に貢献したいと考えています。

SI

サージカルイノベーション事業部

サージカルイノベーション事業部では、外科手術器具ならびに手術用縫合糸、電気外科 手術装置など、いわゆる手術室で使用されている製品を取り扱っています。

私たちは25年以上前から、医療従事者とともに日本における安全で質の高い鏡視下手術の普及活動に取り組んでまいりました。胆石症からスタートし、現在では胃がんや大腸がん、肺がんなどにも拡がっています。

ひとつの手術の中で私たちは、単に一製品の提案のみならず、術式に応じた総合的なテクニカルアドバイスを医療従事者に行います。そのため、社員を対象に専門性を強化する業界屈指のトレーニングプログラムを実施し、手術を安全に成功させるため、日々努力しています。

患者さんの身体に負担が少ない革新的な製品・サービスを通じ、日本の医療の発展に貢献していくこと、それが私たちの使命です。

RMS

RMS事業部(レスピラトリー&モニタリングソリューション)

RMS事業部の呼吸ケア製品は、人工呼吸器、気道管理製品、患者さんの安全をみまもる生体情報モニタなど、クリティカル 領域から病棟 ・在宅までカバーする幅広いラインアップを誇ります。

そのほとんどが長い歴史に培われたブ ランドであり、いずれも患者さんの安全を守ることを基本とし、多様化する医療ニーズに応えながら進化を遂げてまいりました。

また、より高いレベルの安心・安全のために、看護師出身者によるクリニカルサポートをはじめ、専門スタッフによるサービスにも注力しております。

ET

アーリーテクノロジー事業部

アーリーテクノロジー事業部では“早期診断から低浸襲治療”をテーマに、患者さんの身体の負担を軽減できる製品提供を目指しています。対象は多様な消化管疾患・肺がん・肝臓がんです。

私たちは、カプセル内視鏡による消化管診断、気管支内視鏡用電磁ナビゲーションシステム、肝臓がんへのアブレーション治療で社会に貢献いたします。

rcs

リーナルケア ソリューション事業部

急性期、慢性期で血液浄化を必要とする患者さんの回復を早めるためのアクセスデバイスを取り扱っています。アクセスデバイスをビジネスの基盤とし、今後は治療デバイスを導入することによって、総合的なリーナルケア ソリューションプロバイダーを目指します。

 

 

 
X