2019年8月28日

報道関係者各位

                             MEDTRONIC リーダーシップ継承に関してのお知らせ

オマー イシュラック(Omar Ishrak)、本会計年度末にCEOを辞任
取締役会長の地位にとどまり、メドトロニックのエグゼクティブ チェアマンに就任 

リストラティブセラピーグループのEVPである ジェフ マーサ(Geoff  Martha)が
メドトロニックの社長に任命され、2019年11月1日より取締役会に加わる


ジェフ マーサが2020年4月27日より
オマー イシュラックの後を引き継ぎ、CEOに就任


RTG ブレイン セラピー部門のプレジデントである
ブレット ウォール(Brett Wall)がRTG EVPに就任

DUBLIN – August 28, 2019 – Medtronic plc(NYSE:MDT)は本日、メドトロニックの会長兼最高経営責任者(CEO)オマー イシュラック(Omar Ishrak)が同社の本会計年度終了後の2020年4月26日にCEOを辞任する意向を発表したことを発表しました。その結果、メドトロニックの取締役会は、複数年にわたる継承計画プロセスの一環として、主要なリーダーシップの任命を発表しました。これにより、全社的なリーダーシップのスムーズな移行を確実に実行してまいります。 

メドトロニックの取締役会は、全会一致で現Executive Vice President (EVP), リストラティブセラピーグループ(RTG)のジェフ マーサ(Geoff Martha)を2019年11月1日付で新設されるメドトロニックの社長に任命し、またメドトロニックの取締役会のメンバーに選定しました。マーサは2020年4月27日付でメドトロニックのCEOとしてイシュラックの後任となり、社長としてメドトロニックのビジネスグループと各リージョンをリードします。メドトロニックのブレインセラピー部門の代表であるブレット ウォール(Brett Wall)が、2019年11月1日付でマーサの後任としてRTGのEVP兼グループプレジデントに任命されました。

メドトロニックの次の会計年度のスタートとなる2020年4月27日に、イシュラックは、メドトロニックのリーダーシップに助言やアドバイスを行い、後継のCEOをサポートし、メドトロニックの長期戦略計画の継続的な成功を推進するエグゼクティブ チェアマンという新しいポジションに就任します。これらの変更は、リーダーシップの円滑な移行、メドトロニックの継続的なイノベーション戦略と財務パフォーマンスの提供に集中していくことを意図しています。

「本日、私たちは、次の会計年度の開始に合わせてリーダーシップの移行を実施するという取締役会の意向と、新しいリーダーにCEOとしての職務を移行したいという私個人の希望の両方を満たすリーダーシップの変更を発表しました。」とイシュラックは話します。「この計画とタイミングによって、ジェフと私は、メドトロニックの主要な財務業績目標の達成と、いくつかの重要な製品発表を含む重要なパイプライン・マイルストーンの達成に向けて連携することができます。メドトロニックをCEOとしてリードすることは名誉であり特別なものであり、私はジェフがメドトロニックを次のレベルへと成長させ進化を導く正しいリーダーであることを認識しています。ジェフは、結果志向で、ダイナミックで、革新的なビジネスリーダーであり、当社のミッション、成長戦略の推進、人材教育と多様性に情熱を注いでいます。私は彼が会社を率いるための正しい実績、コミットメント、ビジョン、判断力を持っていると確信しています。」

メドトロニックの筆頭取締役であり、テクストロンの会長兼社長兼CEOであるスコット ドネリー氏は、「オマーが来年65歳を迎え、会社の規定年齢としての執行役員の引退に近づく中、私たちはメドトロニックが社のミッションを前進させ、シームレスな移行を通じて株主還元を行うために、適切なタイミングで適切なリーダーシップを任命することができました。」と述べ、「取締役会は、オマーの卓越したリーダーシップに非常に感謝しています。オマーの在任中に、年間売上が倍増し、時価総額も1000億ドル以上増加しました。私たちは、オマーのメドトロニックへの貢献が会長として継続されることを確信しています。取締役会の後任計画プロセスでは、社内の成長中のリーダーが優先されます。このようにジェフとブレットを昇進させることができたことを嬉しく思います。メドトロニックでの在職中、ジェフはリードし、イノベーションを起こし、結果を推進する彼の素晴らしい能力を示してきました。取締役会はメドトロニックを次の成長チャプターへと導くジェフ自身、そして彼の能力を非常に信頼しています。」と続けました。

「このような素晴らしい会社を率いることができることを、私は謙虚に感謝しています。」とマーサは話します。「メドトロニック入社以来、私はメドトロニックのミッション、社員、そして人々の生活を直接改善しまた命を救うテクノロジーを創造し、製品化するそのユニークな能力に深く感動し、影響を受けてきました。私は、オマーと取締役会全体が、私を社長として、また次期CEOへの選出に自信を持って投票してくれたことに感謝しています。世界中のメドトロニックの同僚のサポートと献身によって、私たちがサービスを提供している患者さん、顧客、医療システム、そして株主やビジネスパートナーに、新たなレベルのパフォーマンスを提供し続けることができると考えています。」

ジェフ マーサ(Geoff Martha)
マーサは2011年にMedtronicに入社し、2015年にメドトロニックのリストラティブセラピーグループのEVP(Executive Vice President)兼代表の職責を担っています。同グループは、年間売上80億ドル以上、14,000人以上の社員を抱えています。RTGは4つ部門があり、脳治療、疼痛への治療、特別な疾患への治療、そして整形分野を担当しています。当部門の製品および治療法には、脊椎および整形外科インプラント、手術ナビゲーションシステム、ロボット手術システム、脳深部刺激システム、慢性疼痛を軽減するための薬物注入システムおよび刺激装置、ならびに虚血性脳卒中を治療するためのインターベンションデバイスが含まれます。

マーサは、彼のリーダーシップの下、主要な治療分野を中心としたRTGの再編をリードし、新製品の導入、グループ内の製品とサービスの統合ポートフォリオへの活用、効果的な買収とパートナーシップの提携を含むイノベーションを通じて、グループを意味のある一貫した成長へと回復させました。RTGのプレジデント在任中、マーサは事業を活性化させ、2019会計年度に80億ドル以上の売上を達成、RTGは6%の成長を遂げ、記録的な業績を残しています。2019会計年度には、RTGの4半期平均売上は20億ドルを超え、過去最高を記録しました。

現職以前、マーサはMedtronic Corporate Strategy and Business Developmentの責任者を務め、2014年のコヴィディエン社の買収 (医療技術業 史上最大の買収) をリードしました。2014年7月、コヴィディエンとメドトロニックの統合を行うChief Integration Officerに任命され、2015年にはRTGのプレジデントの役職を担いました。メドトロニック入社以前、マーサはGE HealthcareとGE Capitalで、さまざまな事業開発、戦略的マーケティング、セールスマネジメントを19年間担当しました。

マーサは、メドトロニックで女性の活躍と人種間のダイバーシティを積極的に支援してきただけでなく、メドトロニックの社員が生活し働くコミュニティに積極的に参加してきました。彼はメドトロニックのAfrican Descent Networkのエグゼクティブスポンサーであり、アフリカ系社員の採用、エンゲージメント、定着、育成に注力しています。また、メドトロニックのFIRST Roboticsのエグゼクティブスポンサーを務め、Children's HeartLinkとNorthside Achievement Zoneの役員も務めています。Northside Achievement Zoneは、ミネアポリス北部の世代間貧困をなくすために活動するコミュニティ団体です。

 
ブレット ウォール(Brett Wall)リストラティブセラピーグループ プレジデント
RTGのブレインセラピー部門のシニアバイスプレジデント兼代表であるブレット ウォール(Brett Wall)は、2019年11月にRTGのEVPおよびグループプレジデントに就任する予定です。ウォールは医療技術業界で25年以上の経験を持ち、コヴィディエン買収に伴い、2015年にメドトロニックに入社しました。ブレインセラピー部門は、彼のリーダーシップの下、年2桁の成長率を生み出し、虚血性脳卒中の低侵襲治療を大きく変えたRevascularizationデバイスを含む脳卒中および脳治療を市場にもたらしました。

コヴィディエンでは、Neurovascular and Internationalの社長を務め、あらゆるコマーシャル活動とビジネス部門を統括してきました。ウォールの以前の役職には、ev3、Boston Scientific、C.R.Bardのセールス、マーケティング、オペレーションのシニアリーダーが含まれます。ウォールは幅広いグローバル・バックグラウンドを持ち、ヨーロッパおよびアジアパシフィック地域で主要なビジネスおよび業務をリードしてきました。

「ジェフが過去4年間にわたって成功に率いてきたリストラティブセラピーグループをリードするという役割を、理事会によって選出されたことは、本当に名誉なことです。」とウォールは話します。「このグループを率いることができ、光栄です。このグループには信じられないほど強力なリーダーシップ・チームが存在し、世界中に14,000人以上の熱心で情熱的なチームメンバーがいます。RTGは当社のイノベーションの最重要課題であり、患者さんへの影響と株主還元を推進してきた当社グループの実績を継続し、さらに発展させていくことを楽しみにしています。」

 

【メドトロニックについて】
Medtronic plc(www.medtronic.com)は、アイルランドのダブリンに本社があり、世界中の人々の痛みをやわらげ、健康を回復し、生命を延ばすことを目指した医療技術、サービス、ソリューションを提供するグローバルリーダーです。全世界で9 万人を超える従業員を擁し、約150 ヵ国の医師の方々や病院、そして患者さんに貢献しています。世界中のパートナーの皆様と力を合わせて、さらなる医療の発展に取り組んでいます。

pdf 2019-08-28 (.pdf)

PDF版はこちら

211KB