Healthcare Professionals

Hydrocephalus Shunting

水頭症シャント術

水頭症シャント術

メドトロニックは、可変式バルブ、植込みを容易にする手術用ナビゲーションシステムなど、低侵襲の水頭症シャント術ソリューションを提供しています。

水頭症シャント術について

Strata Adjustable Pressure Valve for CSF Management

シャント術は、水頭症(脳室内に髄液が過剰に貯留した状態)の最も一般的な治療法です。2本のカテーテルと流量調整バルブシステムを植込み、過剰に貯留した脳脊髄液(CSF)を脳室(または腰椎クモ膜下腔)から体内の別の部分へ排出します。

バルブとカテーテル

差圧バルブには、固定式および可変式の2種類があります。固定式バルブは患者さんの圧/流量ニーズが変化した場合、シャント再建術が必要になります。可変式バルブでは、植込み後に圧/流量パフォーマンスレベル設定を変更できるため、シャント再建術に伴うコストや人体への影響を避けることができます。
カテーテルは、水頭症の治療において重要なコンポーネントです。

手術用ナビゲーション

手術用ナビゲーションはシャント手術における脳室へのアクセスを支援します。
メドトロニックのStealthStation™ナビゲーションシステムは、光学式またはAxiEM™磁場式のトラッキングデバイスを接続し、術者のニーズにフレキシブルに対応します。AxiEMシステムは、スタイレット、内視鏡、カテーテルなどの軟性の手術インストゥルメントのチップトラッキングを実現します。 また、頭部固定器のピンタイプ、ピンレスタイプのいずれにも対応します。
ピンレスの画像ナビゲーションを使用したシャント植込みには、以下の利点があります。

  • 患者さんをヘッドホルダに固定することなく手術用ナビゲーションが可能
  • 脳室造瘻術などの脳室へのアクセスや穿頭孔手術における術中ナビゲーションの使用を支援
  • Non-Invasive(シールタイプ)ペイシェントトラッカーとの併用により追加の切開が不要

販売名:ストラータ2シャントシステム
医療機器承認番号:22300BZX00223000
販売名:ストラータNSCシャントシステム
医療機器承認番号:22100BZX01011000
販売名:CSFカテーテルシステム
医療機器承認番号:22100BZX01006000
販売名:ストラータバリウス アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00001
販売名:ストラータバルブ アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00002