CRT

Heart Failure Management

Personalized CRT

「今、この時」に必要なペーシングを。

Claria MRI™ Quad CRT-D / Percepta™ MRI Quad CRT-P

Image of Claria and Percepta

CRT患者のニーズは常に変化しています。生活する中で、心臓のリズム・レート・伝導状態は常に変化し、時に心房細動(AF)が起きることもあります。メドトロニックのCRTは、様々な機能を駆使して、「今、この時」に必要なペーシングを継続的に提供し、より多くの心不全患者のQuality of Life改善に貢献できるよう機能の向上を続けています。

「EffectivCRT診断機能」 

- 常に波形の変化をモニター -

波形の変化を継続的に監視し、ペーシングの「量」だけでなく「質」を評価します。CRTペーシングに潜む非効率的なペーシングを明らかにすることで、臨床的治療介入をサポートします。

「AdaptivCRT」 

- ペーシングモード・AV/VVディレイ自動至適化機能 -

自己AV伝導時間、P波・R波幅に基づきAV/VVディレイを1分毎に自動で至適化します。また、正常AV伝導時にはAdaptive LVペーシング、AV伝導の延長もしくはレート上昇時にはAdaptive BiVペーシングを自動選択し、安静時のみならず、日常生活においても至適ペーシングを提供し続けます。

「EffectivCRT during AF」 

-AF中の波形を評価してペーシングレートを自動調整 -

可能な限りペーシング率100%を目指すCRTにおいて、それを妨げる要因のひとつであるAF中の波形を常に確認し、ペーシングレートを自動で調整することで、AF中の有効なペーシング率向上を目指します。

「Reactive ATP」 

- 変化するAFに対応し、ATPを送出 -

独自のアルゴリズムによりAF中のリズムチェンジを検出し、抗頻拍ペーシングを繰り返し送出することで、持続するAFを停止させる可能性を高めます。

左心室リード ・ デリバリーツール

Attain™ Family

Image of Attain Family

充実の選択肢をあらゆる場面で実現

心臓再同期療法効果向上のキーとなる左心室リードは、血管の構造に合わせ全6種類から選択いただけます。

Attain Select™ II + SureValve™やAttain Command™ + SureValve™を始めとした豊富なツールを併用することで左心室リード留置をサポートします。

PNS(横隔神経刺激)の発生、ペーシング閾値の上昇を抑え、至適部位での継続的なペーシングサポートが可能です。

販売名 / 医療機器承認番号

Claria MRI CRT-Dシリーズ /  22900BZX00362000

Percepta MRI CRT-Pシリーズ / 23000BZX00230000

アテイン アビリティプラスリード / 22200BZX00832000

アテイン アビリティリード / 22000BZX01079000

アテイン アビリティストレートリード / 22200BZX00854000

アテイン パフォーマリード / 22500BZX00403000

アテイン パフォーマストレートリード / 22500BZX00404000

アテイン パフォーマSリード / 22700BZX00071000

アテインセレクト カテーテルIISV / 22600BZX00183000

アテインコマンド ガイディングカテーテルSV / 22600BZX00191000

 

使用目的又は効果、警告・禁忌を含む使用上の注意等の情報につきましては製品の添付文書をご参照ください。