Healthcare Professionals

Activa PC

Deep Brain Stimulation

製品の概要

アクティバ™ PC神経刺激装置は、1台で両側刺激を与えることができるデュアルチャンネル型刺激装置です。アクティバPCには、非充電式バッテリーと制御された電気パルスを脳の標的領域に的確に与えるための電子回路が内蔵されています。本機器は通常、鎖骨付近の皮下に植え込み、脳内に植え込んだエクステンションおよびリードに接続します。

アクティバシリーズは、マルチプログラミング機能(インターリービング)やグループ機能によるアドバンスドプログラミングが可能です。


適応

本品は、脳深部(視床、視床下核又は淡蒼球内節)に一側又は両側電気刺激を与え、薬物療法で十分に効果が得られない以下の症状を軽減することを目的として使用します。

  • 振戦
  • パーキンソン病の運動障害
  • ジストニア

 

pdf パーキンソン病の患者さんにDBSの導入を検討している先生へ (.pdf)

DBSの適応/検討時期、実際の症例、DBS手術の手順、合併症について、ご確認いただけます。

1.3MB


製品の詳細

条件付きMRI対応

メドトロニック社のDBSシステムを選択することで、健康状態の診断に必要な全身の磁気共鳴画像法(MRI)検査を安全に実施することができます。アクティバPC神経刺激装置を植え込んだ患者さんは、特定の条件下で全身MRI検査を受けることができます。MRIに関する詳しい情報は、下記のリンクよりご確認いただけます。

バッテリー寿命の予測

メドトロニック社のアクティバ神経刺激装置はバッテリー寿命を予測することができ、通常は交換が必要になる3ヵ月以上前に警告が通知されます。設定値が高い患者さんの場合には、バッテリー残量が3カ月を切ってから警告が通知されることがあります。

アドバンスドプログラミング

• 患者さんが状態に合わせて最適なプログラミングを選択できるよう、最大4つまでプログラミンググループを設定することができます(グループ機能)。

• 各リードに複数のプログラミング設定することで、刺激領域全体の綿密な制御を実現します(マルチプログラミング機能)。

機器によるデータの保存

医師用プログラマによって、患者さん固有のデータ(過去の設定、治療効果など)を神経刺激装置に容易に保存することができます。

 

適合製品

  • リード  型番号 3387
  • リード  型番号 3389
  • アクティバアダプタ  型番号 37086 
  • DBSトンネリングツール  型番号 3755
  • N'Vision™医師用プログラマ  型番号 8840 
  • DBS患者用プログラマ  型番号 37642
  • 医師用プログラマ  型番号 CT900D
  • コミュニケーター  型番号 888T02

アクティバ PC 製品仕様

型番号 37601
バッテリータイプ 非充電式
重量 67 g
高さ 65 mm
長さ 49 mm
チャンネル数 2

*

販売名              医療機器承認番号   

アクティバPC                    22800BZX00343000

DBSリード                      20700BZY00880000

アクティバ アダプタ              22300BZX00413000

アクティバ トンネリングツール  224ACBZX00013000

エヌビジョン                      22100BZX00197000

マイスティム                      22100BZX00197000

医師用プログラマ     22900BZX00256000

コミュニケーター        22900BZX00256000