Healthcare Professionals

Strata NSC

Adjustable Pressure Valve

ストラータNSC可変式バルブ

ストラータ™NSC™可変式バルブは、非侵襲的に圧/流量設定が可能な水頭症治療テクノロジーを採用しています。

ストラータNSC可変式バルブの概要

PS Medical™ストラータ™NSC™可変式バルブは、脳脊髄液(CSF)を脳室から心臓の右心房または腹腔に連続的に排出するよう設計されています。医師は原則X線による確認の必要なく、専用の磁石を用いた調整器で非侵襲的にバルブの圧/流量パフォーマンスレベル設定を調整し、患者さんのニーズ変化に対応できます。

  • ハンディタイプの調整器を使用して、診察室で容易かつ非侵襲的に圧/流量パフォーマンスレベル設定の調整および確認が可能
  • レギュラーとスモールの2サイズ
  • 穿刺・注入可能なリザーバードーム
  • 近位オクルーダーと遠位オクルーダーによる選択的なフラッシュ
  • ラテックスフリー
すべてを展開

How It Works

ストラータNSCシャントの仕組み

ストラータ™NSC™可変式シャントは、ストラータNSC可変式バルブと近位(脳室)カテーテルおよび遠位(腹腔または心房)カテーテルで構成されています。 ストラータNSCシャントは、過剰な脳脊髄液(CSF)を脳室から体内の別の部分(一般に腹腔または右心房)に排出します。

ストラータNSC可変式バルブは、磁気ローターがボールとスプリングのバルブ機構の張力を調節し、5段階の圧/流量パフォーマンスレベル設定を可能にします。圧/流量パフォーマンスレベル設定は、ストラータバリウス™/アジャストメントキットを使用して非侵襲的に変更できます。​


販売名:ストラータNSCシャントシステム
医療機器承認番号:22100BZX01011000
販売名:ストラータバリウス アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00001
販売名:ストラータバルブ アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00002