placeholder

心臓弁膜症

手術後の生活

弁手術後の生活

手術後、たちまち回復するというわけではありませんが、数週間から数ヶ月後には日常生活を取り戻すことができます。回復状況を確認しながら全快に向けてライフスタイルを変えていきましょう。

すべてを展開

術後

弁が置き換えられ手術が終了すると、心臓は拍動を再開し、切開はすべて縫合して閉じられます。

術後は集中治療室(ICU)でしばらく過ごします。ここでは不具合がおきないように詳しく患者さんの状況をモニターします。その後、ご家族や友人が訪問可能な一般病棟に移動します。

 

弁形成手術の後に

手術の直後は、一時的に意識が不鮮明となりますので、その間は集中治療室で過ごすことになるでしょう。

集中治療室では、心拍数、温度、血圧など、重要な体調の徴候が常にモニターされます。不快に感じるかも知れませんが、良好な回復を促進するために、看護師が寝返りや、咳、深呼吸などをしやすいようサポートしてくれます。

良好な回復が確認されると治療室に移動し、その後、一般病棟へと移ります。

 

弁置換手術の後に

手術の直後は、一時的に意識が不鮮明となりますので、その間は集中治療室で過ごすことになるでしょう。

集中治療室では、心拍数、温度、血圧など、重要な体調の徴候が常にモニターされます。不快に感じるかも知れませんが、良好な回復を促進するために、看護師が寝返りや、咳、深呼吸などをしやすいようサポートしてくれます。

良好な回復が確認されると治療室に移され、その後、一般病棟へと移ります。

日常生活


本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。