icd

致死性不整脈による心停止

機器の治療を受ける

ICD治療を受ける

監修:筑波大学大学院 病態制御医学循環器内科学 
教授 青沼和隆先生

植込み型除細動器(ICD)は頻脈を予防するものではありませんが、24時間絶え間なく心臓をモニターし、脈拍が異常に速くなった場合に治療を行います。

すべてを展開

ICD治療を受けるには

ICD治療を受けるには

ICD治療が患者さんに適した治療であるかどうかの判断は、不整脈の種類や、その他の基準に従って、医師が行います。

監修:筑波大学大学院 病態制御医学循環器内科学 
教授 青沼和隆先生

一般に、致死性不整脈による心停止の治療のために植込み型除細動器(ICD)を植込む患者さんは、以下のようなリスクを抱えていると言われています。

  • 心不全である
  • 心臓発作の経験がある
  • 致死性不整脈による心停止を経験した家族や親戚がいる
  • 駆出率が低下している(駆出率とは、心臓の一回の収縮で送り出される血液量の割合)

この治療法が適しているかどうか、また循環器内科や電気生理を専門とする医師の診察を受けるべきかについては、医師にご相談ください。

治療のサポート体制

治療費について

ICDの植込み手術の流れ

Q&A

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。