Diabetes

糖尿病

治療機器

糖尿病管理機器について

インスリンポンプと治療管理ソフトウェアを使えば、生活に合わせた微量なインスリン投与や日々の血糖値管理を行うことができます。インスリンポンプを装着した患者さんは、一日に何度も注射をする必要がなく、心配や合併症の少ない状態で食事や仕事、スポーツなど毎日の生活を楽しんでいます。

すべてを展開

インスリンポンプとは

インスリンポンプとは

インスリンポンプは、患者さんにインスリンを持続的に注入するコンピュータ制御の小型医療機器です。通常、超速効型インスリンだけを使用します。3日に1度、注入セットとインスリンリザーバーを交換するだけで、1日数回の注射をする必要はありません。

インスリンポンプとは、24時間を通じて超速効型インスリンを注入する携帯型の小型機器です。携帯電話や携帯音楽プレイヤーほどの大きさで、皮下に留置された細いチューブとカニューレ(注入セットと呼ばれます)を通してインスリンを注入します。もちろん注入するインスリンの量は、お使いの方が変えることができます。
食事をする時は、インスリンポンプ上のボタンを用いてインスリンの追加注入量を増やします。これを「ボーラス」と呼びます。ボーラス量は、摂取する炭水化物の量や食前の血糖値に基づく算定値によって決めることができます。
インスリンポンプを使用する場合も、やはり1日を通じて血糖値を監視しなければなりません。インスリン用量をセットし、食事摂取や運動プログラムに基づいて用量を調節します。
インスリンポンプ療法は、糖尿病の管理に有用であり、1日の注射回数を減らすことにも役立つ可能性があります。インスリンポンプは携帯できるため、さまざまなライフスタイルに適合しやすいと考えられます。
 

インスリンポンプ療法の効果とリスク

CGM-持続グルコース測定とは

CGMの効果と注意点

よくある質問

患者さんの体験談


本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。