Freezor™

冷凍アブレーションカテーテルシリーズ

製品概要

Freezor 冷凍アブレーションカテーテルシリーズは、房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)治療を目的としたカテーテルです。恒久的なペースメーカの植込みを要する房室ブロックの発生率が低く、より安全な治療法として欧米で長年の実績があります。また冷凍に伴う固着によりカテーテルが安定的に保持されるため、術者の負担を軽減します。

Freezor 冷凍アブレーションカテーテルシリーズには、先端のチップ長が4mmのFreezor 冷凍アブレーションカテーテルと、6mmのFreezor Xtra 冷凍アブレーションカテーテルがあります。

Freezor 冷凍アブレーションカテーテル

Freezor spec

Freezor Xtra 冷凍アブレーションカテーテル

Freezor Xtra spec

Freezor Family

Freezor Family

Freezor カテーテルのうち、先端のチップ長が8mmのFreezor MAX 冷凍アブレーションカテーテルは、薬剤抵抗性を有する再発性症候性の発作性心房細動患者に対してArctic Front Advance 冷凍アブレーションカテーテルを用いて治療する際に、必要に応じて補完的に使用します。
Freezor 冷凍アブレーションカテーテルシリーズとは治療対象の疾患が異なるのでご注意ください。

Freezor MAX 冷凍アブレーションカテーテルの製品情報を見る

スペックシートなど、より詳しい製品情報をご入り用の方は、Medtronic Academy・冷凍アブレーション関連ページよりご確認ください。

※資料の閲覧には、ユーザー登録・ログインが必要となります。

販売名 / 医療機器承認番号

Freezor 冷凍アブレーションカテーテルシリーズ / 22700BZX00252000