Healthcare Professionals

プラズマブレード™

適用:乳腺外科、整形外科、外科

Overview

プラズマブレード™は、短いパルス高周波(RF)エネルギーを利用し、薄い絶縁電極の刃先に沿ってプラズマを発生させることで、組織への熱損傷を抑えながら金属メスの精密さと従来の電気手術器が持つ止血効果の両方を兼ね備えた軟部組織切開器具です。1,2,3


INDICATIONS

プラズマブレード™は、一般外科手術、乳房再建術、整形外科手術等おける軟部組織の切開、
止血に適応しています。


PRODUCT DETAILS

サーマルダメージ

PlasmaBlade™ device incision using the CUT 6 setting, showing low thermal injury.

動作温度プロファイル5,*

サーモグラフィーの温度マッピング

PlasmaBlade Infrared Image

Operating temperature profile of the PlasmaBlade™ device dissection device using Infrared imaging.

Benefits

低い動作温度

  • 使用するエネルギーが少なく、有意に低い40~170°の温度で動作

切開部の治癒

  • 金属メスと同等の治癒特性4
  • 明らかに低い組織の熱損傷5

効率性

  • ウエット エリアにおいても、金属メスと同等の切開力と従来の電気手術器と同等の止血力

サージカルスモークの低減

  • サージカルスモーク低減8による視野の拡大

リスク回避

  • 金属メス先による不慮の事故を軽減

PlasmaBlade™ device

Watch an animated demonstration of the PlasmaBlade™ device.
More information (see more)Less information (see less)

Surgical Applications

乳腺外科

  • 乳腺全摘術
  • 皮膚温存乳房切除術
  • 乳頭乳輪温存乳房切除術
  • プラスティックサージャリー

植込みデバイス関連

  • 交換術
  • アップグレード
  • デバイスのポケット作成

 

 

オーソペディアック

  • 人工膝関節置換術(TKA)
  • 人工股関節置換術(THA)

スパイン

  • 側弯症手術
  • 後方頸椎椎間板切除術および固定術
  • 後方腰椎椎体間固定術 (PLIF)
  • 経椎間孔椎体間固定術 (TLIF)
  • 前方腰椎椎体間固定術 (ALIF)
  • 最少侵襲的TLIF
  • 椎弓切離術、椎間板切除術、
    除圧術

対象製品

AEX Generator

AEXジェネレータ 

AEXジェネレータはプラズマブレード™およびアクアマンティス™バイポーラ・シーラーすべてのデバイスに電力を供給し、両デバイスを同時に作動させることが可能です。 

AEXジェネレータは、軟部組織の切開および凝固を行うために剥離用のプラズマブレードデバイスにRFエネルギーを供給するとともに、軟部組織および骨の止血と凝固を行うためにアクアマンティス・バイポーラシーラーにRFエネルギーと生理食塩水コントロールを供給します。 

PlasmaBlade 3.0S

プラズマブレード 3.0S

  • 人間工学に基づいた、持ちやすくコントロール
    しやすいハンドルデザイン
  • 5.5cm~15cmに伸縮するシャフト
  • 高精度の3.0mm幅のブレード
  • サージカルスモークの吸引構造による
    視野の拡大
PlasmaBlade 4.0

プラズマブレード 4.0

  • 人間工学に基づいた、持ちやすくコントロール
    しやすいハンドルデザイン
  • ベンディング可能なシャフト
  • 99.5%絶縁電極
  • 回転可能な電極
*

術中温度はデバイスの設定など様々な使用環境により多少の誤差が生じます。

1

Ruidiaz ME, Messmer D, Atmodjo DY, et al. Comparative healing of human cutaneous surgical incisions created by the PEAK PlasmaBlade, conventional electrosurgery, and a standard scalpel. Plast Reconstr Surg. 2011;128(1):104-111.

2

Fine RE, Vose JG. Traditional electrosurgery and a low-thermal-injury dissection device yield different outcomes following bilateral skin-sparing mastectomy: a case report. Journal of Medical Case Reports. 2011, 5:212.

3

Loh SA, Carlson GA, Chang EI, Huang E, Palanker D, Gurtner GC. Comparative healing of surgical incisions created by the PEAK PlasmaBlade, conventional electrosurgery, and a scalpel. Plast Reconstr Surg. 2009;124(6):1849-1859.

4

Cao J, Steiner P, Vose JG. Electrical interference in ICD ventricular sense channel: Medtronic PEAK PlasmaBlade compared to traditional electrosurgery. APHRS November 2015.

5

Palanker DV, Vankov A, Huie P. Electrosurgery with cellular precision. IEEE Trans Biomed Eng. 2008;55(2 Pt 2):838-841.


販売名:PEAKプラズマブレード
医療機器認証番号:226ACBZX00040000
販売名:AEXジェネレータ
医療機器認証番号:227ADBZX00046000