Healthcare Professionals

Strata

Adjustable Pressure Valve

ストラータ可変式バルブ

ストラータ™可変式バルブは、非侵襲的に圧/流量設定が可能な水頭症治療テクノロジーを採用しています。

すべてを展開

What it is

ストラータ可変式バルブの概要

PS Medical™ストラータ™可変式バルブは、小児および成人の水頭症治療に用いられます。過剰に貯留した脳脊髄液(CSF)は脳室から排出され、体内の別の部分で吸収されます。主な特徴として、再建術の必要なく、担当医はバルブの圧/流量パフォーマンスレベルの調整が可能です。

PS Medicalストラータ可変式バルブは、ストラータ可変式バルブと近位(脳室)カテーテルおよび遠位(腹腔または心房)カテーテルで構成されています。 ストラータバルブには、サイフォンコントロール装置デルタ™チェンバーが装備されています。デルタチェンバー機構は通常は閉鎖しており、脳室内圧が陽圧になると開口し、遠位が陰圧になると閉鎖します。

  • ハンディタイプの調整器を使用して、診察室で容易かつ非侵襲的に圧/流量パフォーマンスレベル設定の調整および確認が可能
  • 患者さんの体位や流量調整ニーズに関わらず、CSF圧を維持するよう設計
  • レギュラーとスモールの2サイズ
  • 穿刺・注入可能なリザーバードーム
  • 近位オクルーダーと遠位オクルーダーによる選択的なフラッシュ
  • ラテックスフリー

How It Works


販売名:ストラータ2シャントシステム
医療機器承認番号:22300BZX00223000
販売名:ストラータバリウス アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00001
販売名:ストラータバルブ アジャストメントキット
医療機器届出番号:13B1X00261N00002