Coronary Artery Disease

冠動脈疾患

治療を受ける

冠動脈疾患の治療を受ける

毎年、世界中で何百万人という患者さんがステント術や冠動脈バイパス手術を受けています。ステント術は低侵襲なので、ほとんどの患者さんが翌日には退院できます。冠動脈バイパス手術には心臓を動かしたまま手術ができる「OPCAB手術」という方法があります。患者さんが治療法について正しい知識と理解をもつことが、治療への第一歩になります。

すべてを展開

冠動脈疾患の治療を受けるには

冠動脈疾患の治療を受けるには

まず患者さんが処方された薬を正しく服用すること、また減量や生活習慣の見直しを通して、危険因子を減らすことができます。しかしながらそれだけでは十分な効果が得られない場合もありますので、もし胸痛などの自覚症状があれば、主治医または循環器専門医にすぐに診てもらうようにしましょう。

そして内科的治療か外科的治療かは、年齢、心臓の状態、冠動脈病変の程度、持病や既往歴といった様々な因子を考慮して、循環器専門医が判断します。 さらに検査や画像診断の結果から、医師は薬物治療、経皮的バルーン血管形成術、ステント術、冠動脈バイパス手術の中からどれが治療として最適な治療方法かを判定します。


ステント留置術を受けるには

ステント留置術は冠動脈疾患の治療法として普及しており、毎年世界中で200万人以上の患者さんがこの治療を受けています。

ステント留置術の適否は以下を検討して判断されます。

  • 全身の健康状態
  • 病変冠動脈枝の太さと数
  • 病変がステントを運び留置できる解剖学的位置にあるかどうか
  • 最近の冠動脈疾患の既往

一定条件下においても、心機能が弱っていたり、糖尿病やその他の合併症がある場合など、冠動脈バイパス手術が最適とされる場合もありますので、主治医とよくご相談ください。


冠動脈バイパス手術を受けるには

冠動脈疾患の治療には、患者さん自身が取り組めることもたくさんあります。正しく薬を服用すること、適切な食事管理と適度な運動を続けること、生活習慣を見直すことなども効果が期待できます。しかしながら、狭窄・閉塞してしまった冠動脈を、自らの努力だけで回復させることはできません。

心筋梗塞の所見や自覚症状が認められる場合には、主治医がすぐに循環器専門医へ紹介するでしょう。循環器専門医とは心臓疾患の専門医です。その医師は 心血管系の異常を調べます。いくつかの検査結果から、外科的治療である冠動脈バイパス手術が勧められることもあります。

検査

循環器専門医は冠動脈の状態を詳しく見る検査を行います。これは心臓カテーテル検査と呼ばれるもので、X線透視下にカテーテルから造影剤を注入して、冠動脈各枝の血流がどの程度阻害されているのかを確認するものです。

手術

検査で冠動脈の状態を確認したうえで、外科医はCCAB手術かOPCAB手術かを決定します。

CCABとは、人工心肺装置を使用して手術をするという意味であり、手術中の心臓は完全に停止され、この装置が術中の呼吸と血液循環をサポートします。

OPCABとは、心臓が動いたままの状態で手術を行うという意味であり、外科医はスタビライザーと呼ばれる器具を用いて吻合しようとする部位を限局的に固定し手術を行います。

OPCAB手術をすすめられた理由は?

下記のような条件があり、主治医はこの条件がどれだけ合致するか、また手術によって起こり得るリスクを検討します。そして人工心肺を使用しない手術が望ましいと判断した場合、その患者さんにはOPCAB手術を勧めます。

  • 全身の健康状態
  • 年齢
  • 性別
  • 動脈硬化 – 高度石灰化病変
  • 高度の脳梗塞
  • 低心拍出量
  • 頚動脈狭窄-頚動脈が狭くなっている

主治医はこれらを考慮した上で、最適と考えられる治療法を勧めます。

治療のサポート体制

手術の流れ

Q & A

  


本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。