サマリ

Thoracic surgery の多くは分離肺換気(Lung isolation)を必要とする。その技術のおかげで、呼吸器外科手術の手技、特に肺門部の操作や危険を伴う血管や気管支の操作の安全性は上がった。Thoracicanesthesiologist の役割は、確実な分離肺換気を行うことである。分離肺換気はDouble Lumen Tube(DLT)とともに発達してきた。現在もカフやチューブの材質、形状など日々進化し続けている。