縫合針 形状別使用先

 

縫合針

Needle Body断面形状

 

縫合針 Needle Body断面形状

縫合針 針先の種類と使用部位

 

針先の種類

使用用途・組織の種類により使い分ける

 

鈍 針・ブラントテーパーポイント針

針刺し事故防止を目指し、開発
針の受け渡しが頻回になる閉創(筋膜・腹膜など)の縫合時に多く使用される

先端は鈍形状のまま、
針Bodyを工夫し、刺通性を維持

Related Links

e-Thoth 医師向け会員制情報提供ウェブサイト

当社の製品を安全に使用するための情報をお届けすることを目的とした外科系医師向けの製品・臨床情報提供ウェブサイトです。
e-Thothにご登録いただくと、約1,000の手術手技関連の動画や資料、当社製品情報をご覧いただけます。