製品概要

ターゲットボリューム機能により圧を自動制御し、目標とする一回換気量を達成。
患者さんとの同調を促進。

Volume Ventilation Plus(VV+)はボリュームコントロールベンチレーション(VCV)の機能を強化したもので、患者さんとベンチレータの同調を促進します。
医師は一回換気量(ターゲットボリューム)を設定するだけで、プレッシャーコントロールベースでの圧制御が自動的に行われ、目標とする一回換気量が達成されます。設定されたターゲットボリュームに基づき、圧レベルを自動的、継続的に上下に調整することで、より低い気道内圧で低一回換気量戦略に沿った換気を行うことが可能です。
そして、能動的呼気弁により、呼吸サイクルの吸気相でも呼気相でも自由に呼吸ができるため、患者さんとベンチレータの同調性が向上され、鎮静の必要性が減少する可能性があります。


販売名:ベンチレータ PB980シリーズ
医療機器承認番号:22600BZX00050000
販売名:ベンチレータ840
医療機器承認番号:21000BZY00290000

製品カタログ

Volume Ventilation Plus (VV+)のカタログはこちらをご覧ください。

カタログを見る