肺静脈隔離術

冷凍バルーンアブレーションの流れ

冷凍バルーンアブレーションによる心房細動治療

現在までに、冷凍バルーンカテーテルは11年以上の臨床現場での使用実績を持ち、60か国以上で使用されており、600以上の文献が発表されています1

より詳しい製品関連情報については、Medtronic Academyの冷凍アブレーション関連ページよりご確認ください。

※資料の閲覧にはユーザー登録・ログインが必要になります。


冷凍バルーンアブレーションの手技の流れ

現在心房細動アブレーション治療においては、肺静脈隔離術(PVI)が基盤と言われています2。ここでは、冷凍バルーンアブレーションによる手技の流れをアニメーションとイラストで紹介しています。

Arctic Front Advance

冷凍バルーンアブレーションの手技の流れをご覧いだけます。
More information (see more)Less information (see less)

1. 標的肺静脈への挿入

Access Targeted Vein
  • 標的肺静脈にマッピングカテーテルを挿入し、カテーテル先端のバルーンセグメントを左房に留置します。

2. バルーンの拡張・ポジショニング

Inflate and Position
  • バルーンを拡張させ、肺静脈入口部に移動させます。

3. 閉塞確認・アブレーション(冷却)

Complete Occlusion
  • 拡張させたバルーンを標的肺静脈入口部に押しあて、造影剤を注入し、閉塞状態を確認します。
  • 閉塞を確認し、血液の流れを止めた後、冷却を開始します。

4. PVIの評価

Ablate and Assess PVI
  • バルーンが組織に固着していないことを確認し、バルーンを肺静脈入口部から引き離します。
  • 肺静脈が電気的に隔離されていることを確認したら、残りの肺静脈も同様に冷却を行います。

References

1

自社データより(2018年8月現在)

2

2017年HRS(米国不整脈学会)コンセンサスステートメント

Calkins, H et al. Heart hythm. 2017; 14: e275-e444.