海外勤務・海外人材交流制度

海外勤務・ 海外人材交流制度

◆長期プログラム

メドトロニックでは、⼈材交流と専⾨知識の共有を促進し、国を越えたキャリア形成へのチャレンジを応援しています。世界中どこでも、社員が応募できる求⼈をオープンにしており、個⼈およびプロフェッショナルとしての成⻑をサポートしています。

中でも、APAC(アジア太平洋地域)とGreater China(中国)の2つのリージョン間では、より応募しやすい海外⼈材交流制度を設けており、毎年多くの社員が海外勤務にチャレンジしています。この試みは、今後、他のリージョンにも展開していきます。

⽇本から海外勤務を経験した社員の紹介

メドトロニックだからこそ得られた、毎⽇が刺激的なチャンレジの機会

Image of man standing outside Medtronic offices

⼤野さん

勤務地:シンガポール

MITG(ミニマリー インベイシブ セラピーグループ)/サージカルロボティクス/マーケティングマネージャー

2007年⼊社

【メドトロニックでのキャリア】

2007年に⼊社、サージカルイノベーション事業部の営業としてキャリアをスタートしました。九州や東京で営業経験を積み、マーケティングやセールスマネージャーを国内で経験した後、2017年12⽉からシンガポールのAPAC(アジア太平洋地域)本社にて市場開拓や新製品販売、新規ビジネスの導⼊など、リージョナルマーケティングに従事。2年間のシンガポールでの勤務を経て、現在は東京の品川本社でマーケティングを担当しています。

⾃らに変化とチャレンジを与え、グローバルで戦える⼈材になりたい

⼊社後、⽇々仕事をしていく中で、語学⼒、海外ビジネスの理解度、外国⼈の考え⽅、⼈脈など様々な点において、グローバルで戦うためのスキル・経験が⾜りないと感じたのがきっかけです。⾃らに変化とチャレンジを与え、成⻑したい︕という気持ちが強くなり、その際にメドトロニックに海外勤務をチャレンジする機会があることを知り、海外勤務について考えるようになりました。メドトロニックは多くの国でビジネスを展開しており、⽇本はAPACの⼀員です。英語の語学⼒も⾼められると思い、上⻑と事業部⻑に相談の上、シンガポール勤務にチャレンジしました。

ダイバーシティ、そして圧倒的な成⻑スピードとワークライフバランスを実現

Collegues meeting in conference room with overhead projector displaying graphics

シンガポール社内で働く⽇本⼈は、非常に少なく、数名のみでした。そんな環境下での⽣活は毎⽇が刺激的で、チャレンジの連続でした。上司、同僚、顧客、そして私⽣活すべてが新鮮で、新しい⽂化と考え⽅に触れることができました。

シンガポール在籍のAPACリージョナルマーケティングの業務(例︓マーケット調査、新規ビジネス参⼊、新製品発売など)は、特にスピード⼒と正確性が求められます。そのため、メドトロニックでは、意思決定にロジックを持たせることを重視しています。これは、ワークライフバランスも⼤事にしている表れの⼀つかもしれません。そのおかげで、適応能⼒はもちろん、論理的思考、オンオフの切り替えなども学ぶことができました。

どんな変化にも迅速な対応ができるように

どんな業務においても、常に笑顔で対応することを意識しました。業務や顧客の要望はシンガポールと⽇本間に⼤きな違いはないものの、よりシンプルでスピーディーに業務を完了することが求められます。笑顔で対応することは、⼀⾒単純に聞こえるかもしれませんが、ビジネスをスムーズに進⾏させる上で⽋かせない要素であると気づくことができました。そのほか、コミュニケーション⼒や新しい環境下での適応⼒が⾝についたと思います。皆、地域は違っても同じ製品を販売する仲間であり、着任当初から多くの⽅々に親切に助けていただきました。現在は、常に笑顔を⼼掛け、仲間と助け合いながら、どんな変化にもすばやく対応することができるようになりました。

今度は受け⼊れる側として、⽇本のダイバーシティ環境をより整備したい

今後のチャレンジとしては、⽇本国内で、海外からの転勤者や外国籍の⽅が働きやすい環境づくりをサポートしていきたいです。

【メッセージ】

海外勤務により、現地の医療従事者向けのビジネスをしっかり学び、⽂化を知ることができました。シンガポールでの勤務当初は、正直、上司が何を⾔っているのか分からないことが多々ありました。とはいえ、⾔葉は後からついてきますし、転勤後に英会話レッスンに通うこともできますので、⾔葉の不安は⼀旦忘れてチャレンジすることをおすすめします。成熟市場の⽇本での経験は、APACの特に発展途上のマーケットにとっては参考になることが沢⼭あります。またその経験の共有は⾃⾝の価値向上につながると思います。⾃分の出来ないことに挑戦することで、⾃分を成⻑させることができる。なりたい⾃分になるために、現在の経験は将来訪れる試練を乗り越える前の経験だと思っています。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです。

個⼈、そしてプロフェッショナルとして⼤きな成⻑を実感

overseas content image 03

久下さん

勤務地:アメリカ、シンガポール

RTG(リストラティブ セラピー グループ)/スパイン事業部/スパインマーケティングコンサルタント

2002年⼊社

【メドトロニックでのキャリア】

2002年、脊椎脊髄領域の治療を扱うスパイン事業部の営業としてメドトロニックでのキャリアをスタート。九州や岡⼭で営業を約5年間経験。その後、⽶国テネシー州メンフィスのスパイン事業部本部にて2年間、⽇本のビジネスをサポートしながらマーケティングや製品開発など本部でのビジネスを幅広く学ぶ。帰国後、スパイン事業部プロダクトマネージャーとして5年間経験を積み、2013年にはシンガポールへ東南アジアスパイン事業部のプロダクトマネージャーとして転籍。2014年には東南アジアマーケティングマネージャー、2018年にはAPAC スパインとバイオロジックス製品のシニアマーケティングマネージャーとして、各国のスパインビジネスのサポートやローカルマーケットと⽶国本社の直接的な関係の強化などを⾏う。現在は、⽇本のスパインマーケティングチームで今後の製品上市を⾒据えて、マーケティング戦略⽴案に従事。

留学で習得した英語⼒を活かしたい

もともと海外に興味があり、学⽣時代に語学留学をして磨いた英語⼒をいつか活かしたいと考えていました。11〜12年前の当時、⽇本のスパイン事業部に、⽶国から⽇本のビジネスをサポートするポジションがあったため、社内公募にて応募しました。

⼿厚いサポートにより、安⼼して新しい仕事をスタート

メドトロニックでは、社員が⾃⾝の出⾝国以外で働く際に、海外赴任に伴うあらゆるサポートをしてくれるGlobal Relocation専任のチームがあり、安⼼して新しい場所で仕事をスタートできました。転居先住居の検索や契約、引っ越しや税⾦にまつわる⼿続きやサポートも受けることができたのは⼼強く感じました。また、働く仲間や仕事内容についても恵まれていたことも、海外勤務が⾮常に充実した経験になったことの⼀つだと思います。

柔軟かつ適切な対応⼒が⼤きな財産に

多様性と柔軟性が⾝につきました。⽇本⼈の仕事に対する姿勢やレベルは⾮常に⾼いですが、海外ではそれぞれの地域や⽂化、思想に合った働き⽅があり、それらに則って⽇々の仕事が進⾏していきます。実際にそのような環境に⾝を置いて仕事を⾏ったことで、背景や経緯を認識し、理解することで柔軟性が⽣まれ、今までになかった発想などが浮かんでくるようになったと思います。また、相⼿の様々なバックグラウンドによって、適切に対応⽅法を選択していく能⼒も⾝に着けることができ、⼤きな財産になっています。

【メッセージ】

海外勤務の経験は、個⼈的にもビジネスキャリアにおいても⼤きく成⻑できる可能性があると思います。私は海外で働く機会を与えていただいたことにより、そのお陰で⼈⽣における選択肢が増えました。これは仕事に限ったことではないですが、⾊々な意味で世界観が広くなり、⼤きなものの⾒⽅ができるようになると思います。⼤げさにいえばライフステージが⽇本という限られた場所から広がり、将来的にさまざまな選択肢や可能性(どこの国に住んでどんな仕事をするかなど)を考えられるようになるのではないでしょうか。海外で働くことに興味がある⽇本のみなさんには、ぜひ挑戦してほしいと思います。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです。

◆短期プログラム

日本と韓国の2国間での短期の海外人材交流プログラムです。

1)日韓人材交流プログラム

国際的なキャリア形成、異⽂化への理解や専⾨知識・ベストプラクティスの共有を⽬的にした、3〜6か⽉間の韓国での海外勤務プログラムです。貴重な海外勤務経験を通じて、⽇韓の仲間との⻑期的な関係を築く機会が得られます。本短期プログラムでの経験を活かし、APACや他のリージョンでの⻑期⼈材交流プログラムへ挑戦するなど、海外でのキャリアの選択肢が広がります。

海外勤務への第一歩、さらなる飛躍を目指して

Kanda-san1.png

神田さん

勤務地:韓国

MITG(ミニマリー インベイシブ セラピー グループ)/ シニアマーケットディベロップメントスペシャリスト

2019年⼊社

【メドトロニックでのキャリア】

2019年に入社し、MITGビジネスディベロップメントに配属。既存製品の適応拡大プロジェクトを担当。その後、海外人材交流プログラムで3か月間韓国にて勤務。日本と韓国との医療制度比較や事業開発の戦略分析、事業開発業務を効率的に行うためのプロセスを学び、帰国。現在、東京本社においてMITG事業開発を担当。 

キャリア目標を達成する上で最適な機会

入社当時から、将来のキャリア目標を達成するために、海外での経験を積みたいと考えていました。現在の所属部署でより大きな成果を上げるために自分に不足している知識や経験を補いたいと考えていたときに、韓国のビジネスディベロップメントのポジションに応募できることを知りました。

時期を同じくして韓国オフィスで勤務している日本人社員の話を聞く機会があり、事前に不安を解消できたこと、また、アサインメントが3ヶ月間で、終了後は元の所属部署での勤務を継続できる条件だったことから、アサインメント期間中の成果が今後の業務に活かせると考え、色々な方に応援して頂き、チャレンジすることを決めました。

出発前からアサインメント期間中まで、継続した語学や異文化理解などのきめ細かなサポートにより、メドトロニックの文化の良さを実感

出発前から海外人材交流プログラム事務局や韓国のホストマネージャーと連絡を取り合うなど、とてもきめ細かなサポートが得られていたので、一切の不安がなくスムーズに着任し、アサインメントに集中することができました。滞在中に仕事だけでなく現地の文化に触れたり、週2回の韓国語レッスン受講のサポートまでしてもらえたことは、とても有難かったです。

韓国のホストマネージャーからは着任初日に「韓国での経験を大事にして欲しい」とアドバイスを頂き、社外ステークホルダーとのミーティングやトレードショーへの参加をセッティングしてもらえるなど、国が違っても同じ会社の社員としてキャリアを応援してもらえるのはメドトロニックの文化であり良さであると実感しました。

積極的なコミュニケーションによって得られた強い信頼関係

Talent X NA_MIC Korea visit.jpg

韓国のホストマネージャーと仕事を進めていく中で、業務において、人脈がいかに重要であるかを学びました。デスクでのリサーチや分析のみならず、社内外の各ステークホルダーと密にコミュニケーションを取ることが必要不可欠です。
韓国滞在中、関連部門とは自分から積極的にコミュニケーションを取ることを心掛け、現在も強い信頼関係で結ばれていることは、私にとって大きな財産になっています。

今後は韓国と日本、両国の関連部門との信頼関係をもとにコラボレーションを実現していきたいです。

次の目標は、長期の海外人材交流プログラムへの挑戦

将来のキャリア目標達成のために、長期の海外人材交流プログラムにチャレンジしたいと考えています。現在の所属部署では上司が外国人なので、まずは日本にいながらグローバルな環境で成果を上げることが次のチャレンジに繋がると信じています。また、韓国語レッスンは、現在も自己啓発として継続しています。言語を習得し、文化を理解することも、私の将来の目標を達成する一助になると考えています。

【メッセージ】

本プログラムは、自身のキャリア開発のためには最適の機会だと思います。言語、文化や働き方の違いを含め予測不可能なことが数多く起こるので、いつも会社からの指示が欲しいと考える方にとっては困難な場面があるかもしれません。しかし、メドトロニックにはチャンスがたくさんあり、サポート体制も万全です。「自分はどうしたいのか」が明確である限り、メドトロニックは社員の意思を最大限に尊重してくれますので、安心してその思いを発信し、チャレンジすることができます。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです。

2)社員のこどもたちの海外ホームステイ交換プログラム

社員間の⽂化的理解と有意義な交流を深めることで、国を越えて同じメドトロニックの社員同士の結束⼒を⾼め、⽂化、⽣産性、業績の向上につながるシナジー効果を⽣み出すことを⽬的にしたプログラムです。2019年12⽉実施時は、約1週間、⽇韓各5名、合計10名の社員のお⼦さんが、⽇本と韓国で⽂化体験、ホームステイなど様々な交流を⾏いました。

双方の文化を知るだけではなく、こども、そして家族がメドトロニックを再認識するきっかけに

Yoshida-san3.png

吉田さん

薬事統括本部 / ダイレクター

申し込んだきっかけ

こどもが海外の方に対して先入観を持たず接することができる心を形成するためには、実際に出会い、交流することで、お互いの文化を理解し合うことが大切だと思い、応募しました。

印象的だったエピソード

Yoshida-san1.jpg

お互いの言葉を話せないにも関わらず、意思疎通が出来ていたことがとても印象的でした。長女が参加したのですが、我が家でのホームステイ期間中は、ペアを組んだ韓国人社員のお子さんが次女とも年齢が近かったこともあり、仲良く3人で遊んだり、散歩をしたりしました。また、韓国では、チマチョゴリを着て街を歩いていた際に、通りかかった方々に「可愛いね」と笑顔で声をかけていただくなど、親しみやすい一面をもった国であると感じたと娘から聞きました。自分で足を運んで経験したからこそ、新たな韓国の一面を知る機会につながり、送り出した親としてもとても嬉しかったです。

お子さんの反応

一言で、とても素晴らしい経験だったようです。ペアを組んだ韓国人社員のお子さんはもちろん、期間中に一緒に活動した日本人の参加者とも仲良くなり、同じメドトロニックという絆で結ばれていることに誇りを感じているようです。

応募前後の変化

こどもに人種、肌の色、性別、文化の違いなどに対して先入観を持たない心を形成するきっかけになってほしいと思い応募しましたが、帰国後に娘から「韓国の人々がとても優しく接してくれたことが印象的で、今後は自分が感じたことを信じ、先入観を持たず接していきたい」という言葉を聞き、娘の考え方が変わった大きな経験、成長の機会となったと感じました。最初は、受け入れ体制やこどもたちがきちんと交流できるかなど、少なからず懸念はありました。しかしプログラム期間中、家族全員がペアになった韓国人のお子さんを家族のように迎えることができました。何か行動しようとする際は、先に心配してしまうことがある家族でしたが、本プログラムを通してチャレンジを楽しめるようになったと思います。

また、私自身においても、本プログラムをきっかけに、韓国の文化を調べたり、韓国人のファミリーと交流したことによって、これまで以上に韓国とのつながりを感じるようになりました。今後、韓国と仕事を進めていく中で、この経験を活かし、シナジー効果を生み出していきたいと思います。

【メッセージ】

本プログラムは、日韓の文化を知るだけではなく、こども、そして家族がメドトロニックを再認識するきっかけになりました。私はできる範囲でペアを組んだ韓国人社員のお子さんを迎え入れましたが、こどもたちはとても喜んでくれました。不安はありましたが、その不安はプログラムが始まると消え、終了を迎える頃にはもっと続いてほしいと感じました。終わっても、今もなお参加したこどもの心には、良い思い出として深く刻まれています。

本プログラムは、日韓の文化を知るだけではなく、こども、そして家族がメドトロニックを再認識するきっかけになりました。私はできる範囲でペアを組んだ韓国人社員のお子さんを迎え入れましたが、こどもたちはとても喜んでくれました。不安はありましたが、その不安はプログラムが始まると消え、終了を迎える頃にはもっと続いてほしいと感じました。終わっても、今もなお参加したこどもの心には、良い思い出として深く刻まれています。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです。