Healthcare Professionals

Kyphon™ Balloon Kyphoplasty

経皮的後弯矯正術

Balloon Kyphoplasty(BKP)

全身麻酔及びX線透視下で経皮的に実施する脊椎圧迫骨折の治療法です。
適応は原発性骨粗鬆症による1椎体の急性期脊椎圧迫骨折で、十分な保存加療によっても疼痛が改善されない患者、及び多発性骨髄腫又は転移性骨腫瘍による3椎体までの有 痛性脊椎圧迫骨折で既存療法に奏効しない、又は奏効しないと考えられる患者となります。
但し、腫瘍による骨破壊を含む対象椎体後壁の骨折がCTで確認された場合、骨折の形状により機器が使用できない場合等は禁忌となります。

※申請データでは非外科的治療を対照

特徴

  • フレキシビリティのあるポリウレタン製バルーンの拡張により、椎体の状態に応じて愛護的な骨折整復が可能
  • 椎体高復元と同時に、骨セメント充填用のキャビティを形成
  • 高粘度の骨セメントを低圧充填(手動)することにより、セメント漏出リスクを低減
  • 硬化までの十分な操作時間により、慎重なセメント充填が可能
  • バルーンは、体のサイズや骨折の状態により、3サイズから選択可能
BKP-バルーン挿入
BKP-セメント注入

販売名: KYPHON BKPシステム  医療機器承認番号: 22200BZX00118000
販売名: KYPHON BKP 骨セメント HV‒R  医療機器承認番号: 22200BZX00119000